ブログ

認知症サポーター養成講座パート2

10月5日に、ミライてらすで二度目の認知症サポーター養成講座を行います。

 

 

まだオレンジリングを持っていないメンバーとスタッフはノリノリです(*‘∀‘)イエィ☆

 

 

去年は外部の方にもお越しいただき、みんなで学びました。

 

 

認知症はそもそもどういう症状で、どんな状態なのか。

身近な人が認知症の疑いがあったら何に気をつけたら良いのか。

自分に出来ることは何なのか。

 

 

行政はどんなサポートをしてくれるのか。

 

 

などをミッチリ教えてもらえます。

 

 

 

大和市は積極的に取り組んでいます。

 

 

 

「認知症1万人時代に備えるまち やまと」宣言

〇市の認知症者数は、約8,600人(平成28年6月現在)ですが、平成37年には1万800人まで増加すると予測されます。

〇今後、誰もが認知症に関わる可能性があります。

〇市では、認知症の予防や認知症の人を適切な医療・介護につなげる取り組みとともに、市民の皆さんが認知症の人への理解を深め、互いに支え合うまちづくりを進めるため、「認知症1万人時代に備えるまち やまと」宣言を平成28年9月15日に実施しました。

 

「認知症1万人時代に備えるまち やまと」宣言

 ・超高齢社会を迎え、認知症になる人は急激に増加しており、大和市においても近い将来、その数は、1万人を超えるものと予測されます。

 ・これからは、誰もが認知症にかかわる可能性があり、あらゆる世代、立場の人が協力しあい、認知症の人への理解を深め、その想いに寄り添っていくことが大切です。

 ・大和市は、認知症の人が住み慣れた地域で、人と人とのつながりを育みながら、自分らしく、安心して暮らし続けられるよう、様々な取り組みを進め、認知症1万人時代に備えます。

 

〇これからも大和市は、積極的に認知症施策の推進に取り組んでいきます。

〇そして、その一環として、認知症サポーター養成講座を開催し、認知症サポーターを増やします。

 

 

 

http://www.city.yamato.lg.jp/web/kourei/kourei01211669.html(大和市ホームページより)

 

 

 

 

このほかにも四月にはオレンジのTシャツを着て、みんなでタスキを繋いでいくRUN供というイベントを開催しています。

 

市民みんなが心構えをもっていたら、支える仲間が多くて、心強いですよね。

 

 

 

 

 

昨年のイベント終了時には

 

 

履歴書に書けるから嬉しい。

 

認知症の家族へどう接すればいいのかわかった。

 

ちょっと怖いイメージがあったけど、それが無くなった。

 

 

 

とアンケートに書かれていました。

 

 

 

 

社会の理解が深まれば、もっともっとみんなが住みやすい街になる。

 

 

 

この思いは私たちがミライてらすで大事にしている思いと一緒です。

 

 

 

また今年も皆さんの反応と受講後の学びを共有するのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

======================================================================================

 

就労移行支援事業所ミライてらす大和センター

〒242‐0021
神奈川県大和市中央2-3-19ウエストビルディング5階

【TEL】   046-240-1967
【FAX】   046-240-1968
【E-mail】 info@terrace-care.jp

 

======================================================

 

ミライてらすは、一般就労・復職を目指す精神・発達・知的・身体障害、難病をお持ちの方で18歳〜65歳未満の方がご利用できます。
パソコン講習、ビジネスマナー、ヨガなど外部講師をお招きしての多彩なトレーニングと
ジョブトレーニング、作業訓練といった集中力と体力を養うトレーニングがバランスよくプログラムされています。

個々の特性にあったプログラム、目標設定で無理をせずにステップアップしていきます。

見学、相談は随時受け付けておりますのでお気軽にお電話ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop